悪徳なローン会社

キャッシングローンを利用する前に注意して欲しいのは、悪徳なローン会社に騙されない事です。

現在主にわかっている悪徳ローン会社は5パターンで、次々と新手が出現する事が予想されています。
その中でも代表的な悪徳ローン会社を紹介しますので、しっかりと確認をしておいて下さい。

まず最初に紹介する悪徳ローン会社は、買取屋です。
買取屋は多重多額債務に苦しむ人に、クレジットカードで換金性の高い商品や高額な商品を買わせ、その商品を換金し、多額の手数料を要求する業者です。

続いて090金融は、勧誘チラシに「090」で始まる携帯電話の番号しか記載せず、正体を明かさない新手の業者です。
法外な金利を目的としており、無登録業者がほとんどです。

紹介屋は、多重債務者に対して、新しい借入先を紹介するなどと称して、融資額の2〜4割の手数料を稼ぐ業者です。

整理屋は、多重債務者に対して、債務を整理してやるといって近づき、違法な手数料を取って、債務を一本(1社)に整理する業者です。

システム金融は、不況と銀行などの金融機関の貸し渋りに苦しむ、中小・零細企業の経営者を狙った業者です。

日が進むにつれて手口は巧妙になっています。
十分な注意が必要なので、聞き覚えのない様なキャッシング会社には気をつけましょう。



| 日記

身障者のキャッシング契約について

キャッシングは身障者の方であっても、条件に合えば問題なく申込・契約は可能となっています。

条件においては健常者の場合と特に変りはありませんが、身障者の障害の度合い、または症状によって契約が困難な場合があります。
一般的な例としましては、全盲者は契約が難しく、その理由に自分自身で契約書を読み、理解することが不可能な点にあります。

しかし点字による契約書が用意されていれば問題なくキャッシング契約できると思いますが、現在の消費者金融各社が、点字による用意が整っているかと言うと、そうではないようです。

また難聴者の場合においては、自分自身による読解が可能なのでキャッシング契約が多いようです。
基準としては、第三者(親族も含めた)の助けを一切必要とせずに、契約者本人が契約内容を読解し理解することが可能な状態であるか否かが、判断の分かれ目だと言えます。



| 日記

即日キャッシングについて

消費者金融系のキャッシング会社が主に行っているサービスに、即日キャッシングがあります。

即日キャッシングは、金利が高い設定となっており、短期間以外での借入れには不向きです。
しかし、即座にお金がどうしても必要な時には非常に有効的なキャッシングです。

本来のキャッシングは申込みから審査をし、契約となった時点で融資となりますが、即日キャッシングは申込み後の審査に問題がなく通れば、すぐに融資が受けられるという利点があります。
しかし、キャッシング会社毎に審査の条件や基準などは異なるので、よく比較してから決めましょう。

現在では即日キャッシングを銀行・信販系などでも行っている所もありますが、銀行の場合は審査に時間がかかるので、その点もよく比較して下さい。

即日キャッシングには利点もありますが、もしもキャッシングカードを持参しているのであれば、よく考えた上での利用をしましょう。


| 日記

無利息期間つきキャッシング

キャッシング・ローンの中には「無利息」とうたっているものが見受けられます。

もちろん無利息といっても利息そのものがないわけではなく、一定期間に限定して無利息ということです。
1週間なり10日なりといった限定された期間に返済ができるのであれば、完全に無利息でよいということなのです。

しかし無利息期間が30日というキャッシング・ローンも少なからずあるようです。
融資限度額も「大口」に類するほどの額である場合も珍しくないようです。

生活の中では、短く期間を限ったお金の必要、つまり今だけやり過ごせればすむお金の必要というものはけっこう珍しくないのではないでしょうか。

いずれにせよ、キャッシング・ローンの無利息期間が賢く有効に利用できるような方は、日頃有効で賢明な経済生活を送っている優等生ということになるかもしれません。



| 日記

キャッシングの貸付利率 そのゆくえ

キャッシングの貸付利率に関する法律の改正が、2006年に国会を通過したことは周知の通りです。
改正貸金業規制法(貸金業法)が成立して、いわゆるグレーゾーン金利は09年末には撤廃されることになっています。

したがって上限金利はいずれは利息制限法なみの年20%に引き下げられることになっているわけですが、この法案が通過する前後から新しいキャッシング商品が出される動きは始まっていたようです。
今日では、貸付利率が10パーセントをきったローンカードなどもいくつも見受けられるようです。

しかし将来の貸付利率の変動がどうであれ、現実にキャッシング・ローンを望む方にとって、貸付利率、返済の方式、両者の兼ね合い等の問題は、最も本質的なものでありながらなかなか理解がむずかしいものがあるようです。



| 日記

女性向けローン

キャッシングに女性ローン・女性向けローンという特化された部門が設けられている例は少なくありません。
これは古くは女性が個人としてキャッシングを受ける主体となりにくかったという事情を反映しています。

伝統的に社会で基本的個人と見なされてきたのが有職の男性、それも各種の社会保険や身分保証が伴い安定した収入のある有職男性であったことはいうまでもありません。

今日では正勤の有職女性の数は飛躍的に増加しているとはいえ、主婦、パート・アルバイト勤務者、SOHO就業者など、社会通念的に個人信用力が低い、したがってキャッシングの審査において個人として融資を受ける主体となりにくいと見なされがちな存在の女性人口は多いのです。

それで特化して女性向けローンという部門を立てている例が多いわけです。



| 日記

キャッシングとクレジットカード

言葉としての「キャッシング」はともかく、今日、キャッシング・ローンのシステムそれ自体はわたしたちにとってごく身近な形で存在します。

成人で何らかの仕事に就いている方ならば、多くの場合1枚はクレジットカードをもっているのではないでしょうか。
そのクレジットカードには、所有者が必ずしも気がついていなくても、なにがしかのキャッシング枠が付属的に設けられている場合が多いのです。
クレジットカードは発行の段階で、すでに一定の個人審査がなされているので、一定額のキャッシングも可能だということなのです。

キャッシングはそれ自体としては、融資・貸付であり、これを利用することは「借金」であるわけですが、それは現代の経済体制の中で、大きな意味を持って構造的に位置付けられた経済行動の一つでもあるのです。



| 日記

目的ローンの種類

各キャッシング会社には、キャッシングローンの中に「目的ローン」という商品があります。

キャッシングを申込む人に目的があってのキャッシングの場合は、各会社で設定されている目的ローンを利用すると利息が低くなる場合があります。
目的ローンには、フリーローンと違うサービスがあります。

またキャッシングの用途別にもローンがあります。
「トラベルローン」「出産ローン」「冠婚葬祭ローン」「引越しローン」「教育ローン」など的を絞り込んだローンの商品もあります。

的の絞った目的でキャッシングする場合、各キャッシング会社の目的ローンを利用した方がお得のようです。
目的ローンでの融資は、300万円までの限度額が普通のようです。しかし、金額も大きいので審査も厳しくなってきます。



| 日記

レディースキャッシングについて

レディースキャッシングは名前の通り女性専用キャッシングです。
女性しか借りられないキャッシングサービスを比較してみましょう。

問合せの対応などを全て女性スッタフが行ってくれます。女性にとっては電話対応が女性スタッフだと安心感があります。


主にレディースキャッシングを取り扱ってる会社
「ユニマットレディース」「レディースフタバ」「レイク(レディースローン)」「ベティローン」「レディースメイト」の5社です。

「レディースメイト」は、開業してから30年間ずっと女性専用キャッシングを取り扱っていますが、金利は29.2%均一で高いです。

「ベティローン」は、スタッフ全員が女性です。
こちらも金利が高く25.55%から29.2%になっています。

「レディースフタバ」は、金利が「ベティローン」と一緒ですが30日間無利息というサービスがあります。
「レイク(レディースローン)」は、18%から29.2%で金利は比較的妥当なところです。
10秒審査で30日間サービスがあります。
「ユニマットレディース」は、12.88から29.2%の金利ですので比較的普通です。こちらも30日間無利息サービスがあります。

キャッシング限度額は、どこも50万円まででした。



| 日記

キャッシングが出来るまでの審査時間

キャッシングを申込んだ時に、審査が終わるまでの間に要する時間は各キャッシング会社で違います。

審査スピードが速い会社は、最短でおよそ1秒から5秒で審査が終わります。

でもこの審査ですべての審査が終わったわけではありません。この時に審査する項目は極簡単なものです。
「名前」「住所」「電話番号」から簡単に審査をするだけなので、キャッシングがすぐに出来るわけではありません。

簡単な申込みをした後さらに詳しい情報を聞かれます。「勤務先」「収入」などの情報です。
それから、申込みの際に聞かれた項目で情報機関へ問い合わせし照合してから本格的に審査が始まりますので、今までの審査は仮審査と言っていいでしょう。

キャッシングの申込みから本格的な審査が終わるまで、最短でも30分以上はかかります。



| 日記

キャッシング審査 他社からの借入状況

キャッシングの申込みの際、他社からの借入件数を聞かれます。

他社借入件数での審査では、あまり借入件数が多すぎても審査に通るのは難しいでしょう。

下記の内容は、参考までにとどめて置いてください。
「0件(他社借入なし)」「他社借入1件」だと、安定した収入など確認できればキャッシングがほぼ可能ですキャッシングの使用目的次第では契約が難しくなる事も稀にあります。

他社借入2件だと、年収に対して負債総額が30%を基準に定職する場合はキャッシング審査に通るのが難しいです。
基本的には安定した収入が確認できればキャッシングが可能だと思います。

他社借入3件以上になると件数規制によりこれ以上の借入件数を増やせません。年収に対して負債総額が30%を基準に定職する場合は審査に通るのは難しいでしょう。基本的に審査が通るのは難しいでしょう。

借入できる件数は、だいたい3件以内がほとんどです。



| 日記

クレジット会社のキャッシング

クレジット会社が運営するキャッシングがあります。
クレジットカードから融資可能額を提携ATMで引き出せるだけでなく、別に目的に合わせたローンも取り扱っている会社もあります。

クレジットカードに付いているクレジット枠は低額な事が多いので、数万円の急な出費などには便利です。
もし高額な融資が必要になった時には、いつも利用しているクレジット会社にローンの取り扱いがないか尋ねてみましょう。

例えば西友などのスーパーで利用できるセゾンカードでは女性専用ローンや、不動産担保ローン、スピードキャッシングなど様々なローンも取り扱っています。
急な出費にはオンラインで申し込めるスピードキャッシングがオススメです。
最短で30分の審査、最高50万円まで、翌日振込みが可能です。

いつも利用しているクレジット会社が提携するキャッシングなら安心感もあります。



| 日記

カードを利用したキャッシングとは

キャッシングを利用する時には、手軽さを重要だと考える人も居るでしょう。
そのような人は登録時にカードが発行され、提携ATMでいつでもお金が引き出せるタイプを利用すると便利です。

カードローンはインターネットや無人契約機などさまざまな方法で申し込みが可能となっています。
短時間での審査が可能なローン会社もあるので、お急ぎの方にも対応できる所もあります。

キャッシングを受けたい時には初回のみ審査が必要で、2回目からはカードを利用して好きな時に融資を受けられます。
しかし手軽に利用できる為に使いすぎには注意が必要です。

年会費や月会費が必要なく、いつでも融資が可能なので、イザという時の為に備えておくという利用方法もあります。
計画的な利用を心がければ、とても便利なローンの利用方法です。



| 日記

インターネットで申し込みのキャッシング

インターネットで申し込みが可能なキャッシングには、クレジット会社で利用できるローンがあります。

クレジットカードにはショッピング枠と、クレジット枠というのが有り、クレジット枠を利用するとキャッシングが利用できます。
ショッピング枠とクレジット枠はその人によって額が違いますから、請求書や電話などで確認しましょう。

現在ではWEB上で申し込みが可能で、即日発行してくれるクレジット会社も多くなってきています。
申し込みには審査が必要ですから、多少時間がかかる場合も有りますが、即日発行となっている会社もありますから良く選んで下さい。

実際にローンを利用するには、クレジットカードを利用して提携ATMなどで引き出します。
銀行のキャッシュカードのような感覚で引き出すことが出来ますから、使いすぎには十分注意しましょう。
融資可能額でしか利用できないようにはなっていますが、後で請求書を見て慌てないようにしましょう。

クレジット枠は利用者側で制限することも可能ですから、使いすぎを心配する方はお問い合わせて見て下さい。



| 日記

キャッシングの審査とは?

キャッシングを利用する時には、審査というものがあります。
これは、貸す側にとってリスクを避ける為にあるシステムです。

審査基準としては「毎月一定の収入が有るか」「身元保証がきちんとしているか」などです。
一定の収入という基準といってもローン会社によって様々ですが、会社員でなければいけないという事ではありません。
アルバイトの人でも利用可の場合や、主婦の人でも可能だったりする事もあります。

基本的には会社員など、正社員として勤めている人は審査基準に達している事が多いです。
しかし、一定の収入があっても数社のキャッシングを利用していたり、滞納している回数が多い場合は断られることもあります。
もちろんこれはローン会社によって基準が違いますから、当てはまる人でも色々と審査を受けてみると良いでしょう。



| 日記

自分に合ったキャッシングローンの使い方

キャッシングを利用するとき、自分にはどのよなローンがぴったりなのかを考える必要があります。
どのような目的に、いくらくらいの金額が必要か。
それを見極めてキャッシングしなければ、返済に困って延滞なんてことになってしまう恐れがあります。

ローンの種類により借り入れ限度額も金利、返済期日などもバラバラです。
少しでも自分にぴったりのローンがみつかれば、返済シュミレーションをしてもらって、自分には月々いくらくらいの返済なら無理なくできるかなど、具体的な返済計画を立てておくことが重要です。

住宅ローンや教育ローン、マイカーローンなどは使途が決まっていますが、自由に使えるフリーローンが便利で人気があるようです。
金利も低いところが多く、即日融資が可能なところもあります。例え低金利であっても、自分の目的にあった使い方をしましょう。



| 日記

ITキャッシング会社の比較

IT系のキャッシングは、店舗を持たずにインターネットでのみ融資を受け付け、また、カードレスキャッシングサービス等、余分な経費がかからないぶん、金利が低くなっています。

店舗がなくても、キャッシングを利用する際に必要なATMやCDが全国に数多くあるので、不便さなどは全く感じません。
キャッシングの利用限度額も、高めに設定してあるところが多いようです。

人気のIT系キャッシング会社を2つ比較してみます。

楽天クレジット マイワン
審査の早さは通常1〜2日、融資までの日数も1〜2日、利用限度額は50万円〜500万円。実質年率7.8〜17.8%です。

イコール・クレジット
審査の早さは最短で1分、融資までの日数は即日融資も可能。利用限度額は300万円(新規の場合は100万円)。実質年率は8.0〜29.2%です。



| 日記

ポイントを押さえてキャッシング会社を比較

色々なポイントを押さえて、キャッシング会社を数社比較してみます。

基準を低金利にします。
低金利で有名なのがオリックスクレジット・イコールクレジット・プリーバ・楽天クレジット・DCキャッシュワンなどです。

では、この中で即日融資可能なところを探してみます。即日融資可能とHPに記載してあるところは、イコールクレジット・プリーバ・DCキャッシュワンです。

入会金・年会費無料のところはイコールクレジット・プリーバ・楽天クレジット・オリックスクレジット・DCキャッシュワンで、今比較しているところは全部無料となっています。

まだまだ、比較すべきキャッシング会社はありますが、今回比較したキャッシング会社の中から選ぶにしても、じっくりHPを見て規約などもじっくり読む必要があります。
色々と比較することによって、あなたにぴったりのキャッシング会社がみつかるはずです。



| 日記

キャッシング比較信販会社系(セゾン・JCB・オリコ)

キャッシングカードには信販会社の提供するカードもあります。
ここでは、クレジットでもお馴染みの信販会社発行のキャッシングカードを比較してみます。

セゾンカードローンは、最短審査30分で、最大ご融資額300万円です。
実質年率は8.0〜18.0%で低利でお得です。

西友やパルコのカウンターでお申込み、カードの受取りができて、大変便利です。7.8〜18.0%

JCBファーストローンプラスは、50万から50万単位300万円まで6つのコースをご用意しています。
カードに記載されたコースの限度額内であれば、1万円単位で何度でもご利用可能です。実質年率は8.0〜17.80%です。

オリコクレストカードは、10万円から300万円までご融資可能。実質年率は7.8〜18.0%で、審査時間は最短で25分です。
全国151,000台のATMでご利用できます。



| 日記

<たばこ>1箱200円上げも 自民税調が大幅増税検討

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080719-00000005-mai-pol


<たばこ>1箱200円上げも 自民税調が大幅増税検討
7月19日2時30分配信 毎日新聞

以下記事抜粋

 自民党税制調査会(津島雄二会長)は18日、09年度税制改正でたばこ税を大幅に引き上げる方向で検討に入った。景気低迷で法人税収が落ち込む一方、消費税の早期増税も困難な中、「税収確保には欧米に比べ税率が低いたばこ税増税が不可避」(幹部)と判断した。1本当たり5円以上の大幅増税となる可能性が高く、1本当たり10円引き上げ、現在1箱(20本)300円のたばこを500円にする案も浮上している。

 各種試算によると、現在300円のたばこ1箱の価格を500円にした場合、禁煙者が増えて販売量は減るが、国と地方を合わせた税収は約2.2兆円(08年度見通し)から約1.5兆円程度増える見込み。増税が実現すれば、09年度から予定されている基礎年金の国庫負担率引き上げの財源(年間で2.3兆円)の一部に充てることも可能になる。

 たばこ税増税をめぐっては、消費税増税に慎重な自民党の中川秀直元幹事長が民主党など野党議員も参加する超党派の議員連盟を結成、「たばこ1箱1000円」も視野に入れて増税を求めている。自民税調や財務省も「増税は避けられない」との立場だが、1000円にすれば喫煙者が急減し逆に税収が大幅に減少しかねない面もあることから、「1箱500円までが上限」との見方が大勢だ。

 これに対し、日本たばこ産業(JT)や小売店、葉タバコ栽培農家は「たばこ業界が壊滅的な打撃を受ける」と増税に猛反発している。自民税調は増税への理解を得るため、税収増の一部を葉タバコ農家への支援に回すことなども検討する方針だが、実際の増税幅をめぐる調整は年末まで続く可能性が高い。

 たばこ税は03年と06年にも1本当たり1円、1箱当たり20円引き上げられている。【赤間清広】



| 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。