身障者のキャッシング契約について

キャッシングは身障者の方であっても、条件に合えば問題なく申込・契約は可能となっています。

条件においては健常者の場合と特に変りはありませんが、身障者の障害の度合い、または症状によって契約が困難な場合があります。
一般的な例としましては、全盲者は契約が難しく、その理由に自分自身で契約書を読み、理解することが不可能な点にあります。

しかし点字による契約書が用意されていれば問題なくキャッシング契約できると思いますが、現在の消費者金融各社が、点字による用意が整っているかと言うと、そうではないようです。

また難聴者の場合においては、自分自身による読解が可能なのでキャッシング契約が多いようです。
基準としては、第三者(親族も含めた)の助けを一切必要とせずに、契約者本人が契約内容を読解し理解することが可能な状態であるか否かが、判断の分かれ目だと言えます。



| 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。