キャッシングの貸付利率 そのゆくえ

キャッシングの貸付利率に関する法律の改正が、2006年に国会を通過したことは周知の通りです。
改正貸金業規制法(貸金業法)が成立して、いわゆるグレーゾーン金利は09年末には撤廃されることになっています。

したがって上限金利はいずれは利息制限法なみの年20%に引き下げられることになっているわけですが、この法案が通過する前後から新しいキャッシング商品が出される動きは始まっていたようです。
今日では、貸付利率が10パーセントをきったローンカードなどもいくつも見受けられるようです。

しかし将来の貸付利率の変動がどうであれ、現実にキャッシング・ローンを望む方にとって、貸付利率、返済の方式、両者の兼ね合い等の問題は、最も本質的なものでありながらなかなか理解がむずかしいものがあるようです。



| 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。