キャッシングとクレジットカード

言葉としての「キャッシング」はともかく、今日、キャッシング・ローンのシステムそれ自体はわたしたちにとってごく身近な形で存在します。

成人で何らかの仕事に就いている方ならば、多くの場合1枚はクレジットカードをもっているのではないでしょうか。
そのクレジットカードには、所有者が必ずしも気がついていなくても、なにがしかのキャッシング枠が付属的に設けられている場合が多いのです。
クレジットカードは発行の段階で、すでに一定の個人審査がなされているので、一定額のキャッシングも可能だということなのです。

キャッシングはそれ自体としては、融資・貸付であり、これを利用することは「借金」であるわけですが、それは現代の経済体制の中で、大きな意味を持って構造的に位置付けられた経済行動の一つでもあるのです。



| 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。